<< ご挨拶 | main | メンデルスゾーン「讃歌」無事終演しました >>

メンデルスゾーン:交響曲第二番「讃歌」

皆様お正月はいかがお過ごしでしたか?

今月1月27日(日)第一生命ホールにてエウテルペ楽奏団定期公演メンデルスゾーン交響曲2番「讃歌」のソリストで出演します。この曲の演奏は今日ではあまり頻繁にはないのですが大変素敵な作品ですので是非聴きにいらしてください。本日はこの曲の解説をします^^少しでも作品に親しみを持っていただきたいので。

この曲の作曲者はFelix Mendelssohn Bartholdy(フェリックス・メンデルスゾーン・バルトロディ)でドイツロマン派の作曲家で銀行家の富豪の家に生まれました。

この「讃歌」はグーテンベルグの生誕400年の記念作品として発表され、当時は大変人気が高かったそうです。歌詞はルターによりドイツ語聖書からメンデルスゾーンが選択し初演後に改訂が加わり現在に至ります。メンデルスゾーンはこの曲を別名「交響カンタータ」と名付け、改訂時には特に声楽部分を丁寧に見直し大切に仕上げました。

chor(合唱)Nr.2より

Alles,was Odem hat,
lobe den Herrn.
Halleluja!Lobe den Herrn.
Lobt den Herrn mit Seitenspiel,
lobt ihn mit eurem Liede.
und alles Fleisch Lobe
seinen heiligen Namen
Alles,was Odem hat
lobe den Herrn

息ずくものはすべて主をたたえよ。
ハレルヤ、主をたたえよ。
弦を奏でて主をたたえ、お前たちの愛情を持って主をたたえよ。
そしてあらゆる人々はかの聖なるみ名をあがめよ。
息ずくものはすべて主をたたえよ。

続きは次回のお楽しみ手明日から仕事です^^おやすみなさい。
| 演奏会関係 | 02:28 | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--